美容効果もある日本酒風呂

最近テレビや雑誌で見かけるような、日本酒をいれた風呂に興味がある人もいるのではないでしょうか。飲める人であれば気にせず美味しく飲めばいいのですが、お酒が苦手な人だと活用方法に悩んでしまいます。置いておくのももったいないですし、有名女優も行っているほどですから、美容にもいい風呂の入り方として一度は試してみるのもいいでしょう。

通常の入浴剤代わりに日本酒を使ったと思えば分かりやすいです。効能としても、血行を促進して程よく体温を上昇させてくれます。血行が良くなればその分新陳代謝も上がりますから、肌も綺麗になっていくので美容にも良いという訳です。それに、日本酒には保湿や保温効果もあります。しっとりとした状態を程よく保ってくれるというのも嬉しい効果です。冷え性の人にも日本酒風呂は気持ちよく浸かる事が出来るので、ゆっくりと楽しんでみましょう。美容効果としてもまだまだあって、コラーゲンの元も日本酒には含まれていますから、この風呂に浸かるだけでも極上の気分を味わうことが出来ます。様々な肌トラブルの元となるメラニン色素を抑えてくれますので、シミやくすみなども解消するのに役立てられます。

これだけいろんな嬉しい効果があるわけですが、どれぐらいの量を入れればいいのか悩むものです。人によって様々ですが、基本的にはカップ2~4杯ぐらいが目安です。入れすぎても酔っ払ってしまう可能性がありますので、日本酒風呂を楽しむ時には運転はしない日にする方がいいでしょう。高価なものでなくても、普段購入可能なスーパーなどで販売されているものでも十分です。リラックスしてゴージャスな気分に浸りたい時には、香りも良い吟醸酒などを使うとさらに楽しく風呂を楽しめます。

ページトップへ